マーク
句碑・歌碑リスト
利用案内 施設案内 遊歩道コース案内 大木・古木20選 句碑・歌碑リスト 公園の春夏秋冬 お問い合せ
えひめ森林公園 トップへもどる

map
 
番号 道順
木・石別 句歌 作者

1

1 木銀杏ちる深空あをあを澄みまさり 古郷
2 1 赤椿さいてもさいても一重哉 子規
3 2 思い出は悲しい熟柿おちてつぶれた 山頭火
4 2 あおぎりの一群落を見つつゆく 黙禅
5 3 月待つと赤松山をさまよいぬ 破郷
6 3 山茶花に夜降る音は霰かな 東洋城
7 3 さやに咲く芙蓉の朝はたふとかり 古郷
8 3 桐一葉おのれの影にかぶさりぬ 不器男
9 3 夏木立栗の花散る笠の上 雷死久
10 5 夾竹桃赤いものを振りすてんとす 壁梧桐
11 5 かたまりて紅紫や花ずおう 黙禅
12 6 連翹に見えて居るなり隠れんぼ 虚子
13 6 木蓮に闇より開き月の夜よ 鬼子坊
14 6 えごの花一切放下なし得るや 波卿
15 7 白芙蓉残んの月の涼しさよ 霽月
16 7 橡の花見つけつつゆくたのしみのある道
17 池廻り 卯の花の暁寒し二十月  霽月
18 池廻り 道がなくなり萩がさいている 山頭火
19 池廻り 紫陽花はおもたからずや水の上 赤黄男
20 池廻り 山梔子の一花開き匂いかな 黙禅
番号 道順 木・石別 句歌 作者
21 本名谷 時鳥えんじゅの花こぼれけり 霽月
22 本名谷 若竹に降り過ぐる雨や小石ほど 東洋城
23 中央線 春かぜの杉むらゆすりさわたればしづくするごと杉の花落つ 長塚節
24 中央線 錦木の芽ふる春の小雨かな 雷死久
25 中央線 咲き満ちてこぼるる花もなかりけり 虚子
26 中央線 青き中に五月つつじの盛り哉 子規
27 第二広場 ほろほろと椿こぼるる彼岸かな 子規
28 第二広場 焼山に松苗植うる卯月かな 鬼子坊
29 中央線 茶の花は蕊の奢日は沈む 草田男
30 中央線 ひそと青しくぬぎ林にあそぶ子は 破郷
31 中央線 一弁散り一弁朴のほぐれゆく 壁梧桐
32 第一広場 花馬酔木揺れやむときのうすみどり 不器男
33 中央線 窓にふれアカシアの花露をのこす
34 中央線 馬砕木折って髪にさせば昔めき 虚子
35 中央線 木犀の香に惜しみてもあまりあり  梵
36 管理道 世の中やひとり花咲く百日紅 子規
37 管理道 わが旅の紅葉いよいよ濃かりけり 利尾
38 管理道 萩を出てまた萩に入る小径かな 極堂
39 管理道 花ざかり梢にさそう風なくてのどかに散らす春にあはばや 西行
40 管理道 折り持てる山吹風にしなひおり 虚子
注)道順の番号は、遊歩道の号数を示す。(例えば、1は遊歩道の1号線をさす。)